世界の夜遊び

〜世界21カ国の風俗に1971万円を使って集めた情報をお伝えします〜

言葉が通じないときはどうしたらいいの??

   

質問

いつもエロ大王様の体験記を楽しく読ませて頂いています。

しかし私は実際には夜遊びをした事がありません。

 

想像をする限り言葉が通じない国へ行ってどうやって

夜遊びをしているのか疑問です。

 

どのようにコミュニケーションを取っているのですか?

 

エロ大王の回答

事前に情報さえ持っていれば言葉が通じなくても

後は身振り手振りでなんとでもなります。

 

実際にエロ大王も言葉が通じない国、

例えばカザフスタン、ウクライナ、ロシアなどに

行っても楽しんで遊べています。

ukrain

 

なぜ情報さえあえれば大丈夫なのか?

日本のヘルスへ行くことを想像してみてください。

まずは店に入る。

『ご予約はありますか?』

と聞かれる。

 

続いて待合室に案内されて写真指名。

 

後はお金を払ってプレイするのみ。

 

非常にシンプルです。

 

これを日本語の話せない外国人だったとしても

店に入って最初に聞かれるのは予約の有無です。

 

はい、いいえと言えなくても横にふるだけで

意思の疎通は取れます。

 

その後も料金も事前に調べてわかっていれば

その金額を払うだけ。

 

もし高い金額を請求されればぼったくりの

可能性がありますね。

 

どこで情報を集めるのか?

安全、綺麗なことヤル、ボッタクられないこの3つの

鍵をにぎるのが情報です。

 

情報は出発前の何週間も前から集めれるところから

全て集めます。

 

例えばインターネットで色々なサイトを調べたり、

後は本ですね。

 

そして現地についてからも聞ける人、全てに聞きさらに

情報を集めることが重要です。

 

1000円程度の誤差は許容範囲

事前に調べていた情報より若干高く請求される場合があります。

 

例えば、事前情報では1万円だったとします。

しかしお店では11,000円請求される。

これは許容範囲です。

 

なぜかと言うと、そもそもその情報を発信していた人の

記憶違いの可能性もあるからです。

 

わざわざ遠い日本から来ているのにそこでもめては

自分の気分も悪くなるしいいことがありません。

 

そのためある程度の誤差は許容範囲としましょう。

 

エロ大王のアドバイス

もし、言葉が通じなくて海外風俗へ行くのを躊躇しているのであれば、

まずは情報収集をしてください。

 

そして万全の体勢が整ったらあとは行くのみです!

 

必ず楽しめる旅行になります。

 

 

ここでは言えない内容が満載!

エロ大王の裏コミュニティへの

参加はこちら。

 

 

 

 


 - Q&Aコーナー